診療内容
子供の矯正
ご案内

床矯正について

歯科でいう床(しょう)とは、入れ歯のことを指します。
床矯正では床装置と呼ばれる器取り外し可能な入れ歯のような器具を
口の中に装着し、あご(正しくは歯を支えている歯槽骨(しそうこつ))を
徐々に拡げながら、歯を正しい位置に移動させていきます。

歯を抜くことでできたスペースを利用して歯の位置を正す治療法では、
空いたスペースと歯の大きさが必ずしも一致する訳ではありません。
しかし、床矯正では歯を抜くことは基本しないうえ、
あごを必要な量だけしか動かさないので余分なスペースが
生じないというメリットがあります。

また床装置は患者さんで取り外しが可能ですので、
学校に行っている間などに一時的に患者さんご自身で外すことができます。
ほかに、床装置には他に舌やあごの機能を是正するという働きもあります。

治療の流れ

医院に予約のご連絡をいただき、初診のご相談へお越しください。
歯並びの気になるところやアゴが痛いなどのお悩み、どういう口元になりたいか、
といったご要望やお悩みをお伝えください。
また、費用や支払い方法のお話もさせていただきます。

顔・口腔内の写真、歯型模型の作製、
レントゲン写真撮影などを行い、状態の把握を行います。
これらの資料から、歯並びやかみ合わせの問題点を調べます。

現在の問題点や使用する装置の説明などを行い、矯正治療のシミュレーションを行います。
※診断の結果、治療時期が早く、治療開始を遅らせる場合もあります。

矯正治療中と治療後もキレイな歯を保つために、正しい歯みがきの方法を指導します。

上下の顎のバランスを整え、かみ合わせの良い永久歯へ誘導します。
早い時期から治療を始めると、かみ合わせの問題点も早く解消するため、
成長してから矯正を始めるよりも装置をつける期間が短縮でき、きれいな歯並びに仕上げることが可能です。
一期治療のみの場合はこれで終了となります。
※二期治療が必要な場合は[Step 6] へ

矯正装置をつけ、正常な歯並びとかみ合わせにしていきます。
1ヶ月〜2ヶ月に一度の通院が必要で、治療計画に従って進められます。

これで矯正治療は終了です。
美しい口元を保つため、定期検診にお越しいただくことをお勧めします。

キレイな歯並びと、正しい噛み合わせを維持・安定させるために保定を行います。
矯正装置を外して、取り外しが可能なリテーナーという保定装置を装着します。
3ヶ月〜1年に1回の通院が目安となります。

治療症例

こちらは現在準備中となっております。
近日の公開を予定しております。